04 2019/05 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 06
RECENT ENTRY ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

03.24.00:02

6.8期メンバー紹介 (宇宙うさバイオ研究所 職員手記 その2)




 未知の暗黒物質が満ちた空間を飛行中、人類がいまだ知りえなかった邪悪な生物と接触し変質してしまった、ワープエンジン搭載型スペースラビット/スワロウテイルタイプの貴重な事故機回収サンプルであります。
 機体の胴体部に棲み着いた侵食生物は、マイクロブラックホール内蔵型ワープエンジンと同化し、その莫大なエネルギーを吸収し続けております。
 現在のところ、このサンプル体は我々のコントロールを全く受け付けておりませんが、おそらく侵食生物によってワープエンジンの良好な運転バランスを保っており、超高エネルギーを発生させつつ暴走は巧みに抑制されております。
 当研究所では、この未知の生物の生態を詳細に研究し利用することで、宇宙進出時代を迎えた人類にさらなる莫大なエネルギーを安定供給したい、と考えております。

 宇宙生物研究所高エネルギー研究室 室長 所信表明 (施設消滅事故の爆心地で発掘された記録媒体より)



( …だから、危ないって言ったじゃない… )











■ スワロウテイル・やみみゅー

汚染事故以前からやや内気な性格の深宇宙探査機ガール。
危険なエネルギー波を常時放出しており、通常の生物では近寄ることすらできません。
強力な電磁波や太陽風にも耐えられるスペースラビット達は、特に問題なく一緒に遊べます。
生身で宇宙を旅しても平気なティランジア種…も、特に影響はないようです。

侵食生物には人格があるらしく、やみみゅーの人工知能と会話も可能な様子。
(何を話しているのかは、教えてくれません)









■ スワロウテイル・やみみゅー(チェレンコフブルーver.

やみみゅーの感情が高ぶった時(滅多にないですが)侵食生物がやみみゅーの感情に呼応し、
腹部のワープエンジンを超高出力(臨界状態)で運転する際、チェレンコフ放射で青く発光した状態。
並の物理法則は捻じ曲げてしまえる理不尽なパワーを発揮します。(銀河対消滅女子パンチ等)
たいへん危険なので、あまりいじめないほうがいいでしょう。




キット仕様:

元からグレーホワイト肌のやみみゅーですが、さらに真っ白になるために、
髪パーツにミルキーホワイトの自家調色レジンを使用しております。
クリアーパーツはブルーですが、ご注文確定後に無色透明へ変更可能です。
お好みのカラーで仕上げてあげて下さい。






special thanks:ユメミモネ様